焼津のスポーツ自転車店 PEAK (ピーク)

焼津のスポーツ自転車 店舗:藤枝、吉田、島田、榛原、牧之原の方もそんなに遠くないと思いますので(笑)宜しくお願いします。

TEL.054-637-9525

〒425-0041 静岡県 焼津市 石津332

商品

2017 LOOK 765完成車

dsc_0471

dsc_0469
LOOKは憧れのメーカーでとても敷居が高いイメージですが昨年765の完成車が現実的な値段で発表され人気で一瞬で完売となりました、今年も継続販売が決まり更に一番手に入りやすい105コンポの完成車のカラーが上の写真のモンドリアンカラーになりいい感じです。

値段は完成車 260.000円(税抜き) フレームキット 210.000円なので完成車が非常にお得になっております、ただ限定生産となっており7/28現在 L:完売、M:完売、S:残りわずか、XS:残りわずか という状況です、次の生産はないそうなのでモンドリアンカラーをこの値段で購入できる最後のチャンスかと、2018では値上げ及びカラー変更があると思われます。

ARGON18 取り扱い始めました

ちょうど今ツールドフランスにでているARGON18の取り扱いを始めました、そして2019モデルの情報がでましたので紹介します、基本フレームでの販売となります。

レース、ヒルクライムに最適なガリウム。

ARGON18の特徴は3Dヘッドとよばれるヘッド部の構造で通常スペーサーを用いステムの高さを変えますが、3D形状の意匠部品で高さを変えるので剛性確保と見栄えの向上が可能となります。

値段は280.000円(税抜き)となります。

こちらはKRYPTON CS エンデュランス系のディスクロードです。

タイヤが32cまでokなのでグラベルでもいいかと、3Dヘッドの形状もいいですねーハンドルが低く見えます、あとダウンチューブの変速ワイヤーの取り入れ口がdi2に対応しており、どうもここにジャンクションA(EW-RS910)を付けることができそう、これができればさっぱりして充電もしやすいしいいですねー。

値段は220.000円(税抜き)となります。

 

グラベルバイクのDARK MATTER 上のバイクのコンセプトを引き継ぎグラベル専用バイクにした感じかと、個人的にはこちらが好みです詳細が不明なので今度メーカーさんに聞いています。

値段は250.000円(税抜き)となります。

 

以上オススメのバイクを紹介しました、まだ他にもありますので下のメーカーHPをご覧ください。

http://argon18.jpn.org/

 

 

 

BASSO サマーセール

GIOSの兄弟メーカーでイタリアンバイクのBASSO、クロモリが得意なメーカーで同クラスのモデルと比べるとしなやかで軽い走りが特徴です、今回メーカーからのサマーセールのお知らせです。

VIPER SORA 値段110.000円(税抜き)REYNOLDSのチューブを採用してのびのある走りをたのしめます、カラーは他にレッドとホワイトがあります。

LESMO 値段85.000円(税抜き)

クロモリフレームで優しい乗り心地と扱いやすいストレートハンドルでストレスのない使用感、自分も以前乗っていましたがクロモリの良さがわかるいいバイクでした、カラーは他にブラックがあります。

*今回メーカーからのサマーセールとなります、値段、サイズ、カラーの在庫を含め店舗でご確認下さい、メーカー在庫終了しだい終了となります、よろしくお願いいたします。

BOMA CofyⅡ 完成車

BOMAはフレーム単品売りのイメージが強いですが時々完成車を扱います、今回はCofyⅡのブルーが60台限定で発売、値段はフル105で230.000円(税抜)となります。

赤も良かったですがこのブルーも綺麗ですねー、8月上旬入荷予定ですのでよろしくお願いいたします。

 

BOMA COFY2 オリジナル完成車

DSC_0643

DSC_0643


BOMA COFY2のフレームでオリジナル完成車をつくってみました。
完成車のイメージを見たかったので店にあったパーツで仮組状態です、構成はカンパのレバー+シマノ、ソラ(9s)で、赤いフレームに白いパーツがいいかと、この仕様で210.000円(税抜き)の予定です。
パーツの交換は全部OKですので自分の好きな仕様にできます、見積もりしますのでご相談下さい。

BOMA Sai 入荷

BOMAのSai (カーボンフレームセット)が入荷、展示しております。

2019での新モデル、今年お客さんに納車した時に試し乗りをじっくりさせてもらいましたが(笑)、軽快に走るのは言うに及ばず、坂の上りがスコーンとペダルが回り最高に気持ちいいバイクでした、山の走行がメインの方にはバッチリかと。

値段はフレームのセットで180.000円(税抜)、930gと軽量でこの走りではお値打ち感があるのでは。

特徴は剛性感がある前3角と太いチェーンステーで加速や登坂性能が高いのにこの極薄のシートステーのおかげで快適性も良いのでロングライドにも使えそうです。

もうひとつの特徴がいわゆるマジョラーカラーとよばれている見る角度を変えると色が変化する美しい塗装です、通常これらの色はオプションで数万円高くなるのがつねですがなんとこちらは通常カラーがマジョラーで単色がオプションとなります、この色は写真ではわからないので是非実車を見て下さい。

 

 

COLNAGO 2021モデル 展示

COLNAGO 2021モデルのCLX Disc105を展示しております。

2020に発表されたコルナゴ初のDixcモデルですが今年は値段が35→32.9万円(税抜)とお安くなりました。

フルカーボンフレームに105 油圧ディスク仕様で更にフルクラムのホイルがついていますのでリムブレーキからディスクロードへの乗り換えに最適な1台かと、コルナゴらしいグラフィックでいいですねー、実物を見ないとわからないことも多いので是非ご覧下さい。

COLNAGO カーボンバイク入荷

コルナゴのカーボンバイクC-RS 105が入荷、展示しております。

乗り心地がいいコンフォート系でヒルクライムからロングライドにも対応、値段は249.000円+taxとなります。

特徴は上級モデルと同様の多角形のダウンチューブを採用したり、いたるところにコルナゴのクローバーマークやロゴが入っており流石イタリアンバイクという外観で素敵です、写真ではわかりずらいので是非実車をご覧下さい。

FELT NEWロードバイク

DSC_0059
FELTから2017MODELとして新設計のアルミフレームモデルを採用したFR30が発売、展示しております。
特徴としては扁平形状のシートステーはシートチューブの外側を通りトップチューブ側を接合しています、これらの新機構によりアルミなのに振動吸収性と全てのパワーを加速に繋げる路面追従性を得てまるでカーボンバイクのようです。
標準タイヤは25cで最大28cまではいるので振動吸収性のアップとあわせロングツーリングからレースまで幅広いライディングに対応します。
コンポはクランクまでほぼ105ただブレーキだけは違いました、重量は8.59kg(540mm)と非常に軽量、値段は178.000円(税抜き)となります。