焼津のスポーツ自転車店 PEAK (ピーク)

焼津のスポーツ自転車 店舗:藤枝、吉田、島田、榛原、牧之原の方もそんなに遠くないと思いますので(笑)宜しくお願いします。

TEL.054-637-9525

〒425-0041 静岡県 焼津市 石津332

新着情報、他
 新しい展示バイクやイベント等の新着情報です。

新着情報、他

2018 LOOK HUEZ 完成車入荷


LOOKの2018モデル 785HUEZ 105完成車が入荷、展示しております。

こちらはフル105の仕様で値段は320.000(税抜き)となります。
今年のNEWモデルの785 HUEZですが生産が延滞しており、やっと入荷となりましたがすでに人気のこのモンドリアンカラーのバイクはフレーム単品及びアルテグラグレードの完成車も完売となりましたので店頭での在庫限りとなります。

ヘッドへのアウターケーブルの入り方が黄色のアウターと相まっていいですねー。

HUEZはクライミングばいくとしてフレーム重量990gと軽量にしあがっており、更に軽量にする為Rブレーキのアウターを最短にするように写真の様な特殊な取り回しとしているそうです。

サドルもセラのSLRカーボンといい感じの物がついています。

下にメーカーのインプレッション記事を記しましたので参照下さい、期待できそうです。

※785ヒュエズ完成車バージョンの試乗インプレッション

パリ・モデナジャパン初日にメカニックサポートとして758ヒュエズ105仕様の完成車のテストを兼ねて参加してきました。

普段仕様しているキシリウム125に近い感覚で試乗したかったので、ホイールのみマヴィックキシリウムプロSLにピレリP0 VELOタイヤを装着。

生憎の雨模様でしたが、気温はさほど低くなく鎌倉の大仏前で記念撮影をしてから小田原を目指します。

皆メンバーはそれなりに健脚で、のんびりサイクリングではなく 推定200ワット以上の巡航ペース、登りでは300ワット前後のイメージで淡々と進行します。

路面は比較的良好なコースですが、乗鞍で投入した785ヒュエズRSに比べると非常にマイルドな乗り心地です。

105完成車の価格がRSフレームより安いので、比較するのは酷かと思いましたが、トータルバランスはむしろRSより完成車用ノーマルのほうが優れており、ホイー
ルさえアップグレードすれば十分にレースでの仕様に耐えうる性能です。

軽快さやレスポンス、剛性はRSより劣りマイルドな乗り心地ですが少々スパルタンなRSより衝撃吸収性は優れています。

箱根を目指すメンバーとは小田原でお別れし、単独で向かい風の海岸線を鎌倉まで走行しましたが、とにかく疲労感が少なくスムーズなフィールです。

下りのスタビリティや衝撃吸収性は、レーシーな味付けのRSに分がありますが、

価格との性能対比で考えると、完成車用の785ヒュエズは驚愕に値する性能です。

ライトウエイ NEW クロスバイク入荷


ライトウエイのNEWクロスバイク:SHEPHERDが入荷、展示しております。
特徴としては新しいフレームで背が低めの方でもホリゾンタルフレームに乗れるようにタイヤのサイズを小さくする等の工夫をしており、スタイリッシュな形状となっております。
値段はスタンドと携帯ホルダーが標準で付き55.800円(税抜き)とコスパがいい設定かと。

フロントギヤは1枚でアルミのチェーンガードが付き、フレーム形状と合わせクラッシックぽくていいですねー。


ヘッド回りもクロスバイクでは珍しくインテグラルタイプでスッキリしています、ブレーキレバーと変速機も1ランク高いグレードをつかっておりハンドル回りのカスタムをするのに最適かと、ブルホンバーに変えればバッチリですね。

ジャイアントキラー FR60 入荷


コスパ最高でジャイアントキラーの FELT FR60が入荷展示しております。
なにはともあれ89.800円(税抜き)でこのクラスの中では抜群の性能を備えています、FRシリーズの進化したレーシング性能を体感できるエントリーフレーム、新形状のフレームとカーボンフォークでバッチリです。


初めてロードバイクに乗る方にも乗りやすい様にハンドルのフラット部に補助ブレーキレバーがあります、クロスバイクかロードか悩んでいる方もちょっと頑張ればOKかと、写真ではわかりずらいですが綺麗いな色です、是非ご覧下さい。

LOOK 2018モデル 765入荷



LOOKの2018モデル 765の完成車が入荷、展示しております。

こちらは105mixの仕様で値段は据え置きの260.000円(税抜き)となります、けして安いとは思いませんがLOOKの完成車がこの値段で手に入るのならばいいかなという感じです。

今年からカラーリングが変わりフレーム売りがなくなりました、あと小変更がいくつかありますので紹介します。

前作ではハンドル、ステムがFSAでしたが今回はLOOKのネームが入ったタイプになりました、なんかLOOK度が上がっていいですねー。

次にシートポストですがこちらも前作はFSA、今回はなんとカーボンになりLOOKのネーム入りとなりました、上下方向の調整も微調整できるタイプとなります。

最後にクランクです、5アームから4アームに変わりました、なんとなくデュラっぽく見えていいんではないかと、全体的にビジュアル的にグレードUPしており新しいカラーと合わせてカッコ良くなった印象です。

やっぱモンドリアンカラーがいいなという方にはフレームの在庫がありますのでご相談下さい、今乗っているロードバイクでフレームを入れ替えてついでにOHもやってしまえばNEWバイクの出来上がりです。

2018 FELT verza speed 50


FELTの新しいクロスバイク verza 50が入荷、展示しております。
最近はどのメーカーもクロスバイクの種類が減り特に走る系のモデルが少ないのが現状です、そんな中FELTがロードバイクの様に良く走るクロスバイクを出しました、通勤や街乗りだけでなく健康やダイエット等スポーツとして早く走れる自転車が欲しい人に最適です。
前作からフレームは新作、ホイルもカセットフリーになってグレードアップがしやすくなりました。

ワイヤーは高級車のようにブレーキも変速も内臓でスッキリ。

グリップは長時間でも疲れにくいエルゴノミックグリップ、ソフトなサドルと合わせて体に優しい仕様です。

こんなにレベルがあがって価格は55.800円(税抜き)とコスパが高く、まさにGIANTのRXキラーという感じかと。
慣れてきたらタイヤを少し細くしたり、ハンドルをブルホンバーに変えれば80kmオーバーのツーリングも楽々ですね。

TERN Rivet



TERNのネオクラッシクロード リベットを展示しております。
特徴は見た目そのままのストリート系で細めのクロモリフレームにメッキのフォーク、ハイトの高いブラックホイル等いい感じです。
標準はドロップハンドルですが下の写真の様にストレートハンドルもいいです、フロントはシングルですが2速化もできるように台座もあるのでクラッシクロードに改造も御OK.

値段は69.000円(税抜き)とこの手のバイクとしては格安なのでいろいろなカスタムの素材に最適かと。

FELT VR40 カスタム


新しい試乗車のFELT VR40をカスタムしましたので紹介します。
よく効くディスクブレーキと28cの太めのタイヤでどこでも行けるVR40ですがスピードを出すのが少し苦手です、ロードの仲間と一緒にツーリングの時等、快適にスピードが出るように定番の細いタイヤに変えるカスタムをしました。

まずは標準の28cタイヤですがまだ大分クリアランスがあり35c位まではOKとのことです。

でこちらがロード向きの23c細いですねー、本当は25c当たりがバランスが良さそうですが軽量タイヤの手持ちがなかったのでこちらで、自転車にはめてあるのが交換品で左がノーマルの28cです、重量が実測で28cが420g、23cが220gと約200g違うので期待できます。

後 無視できないのがチューブの重量、見た目も大分ちがいますが重量もなかなか、下が約170g、上が約100gと70gの差、チューブでこれは大きい。

前後タイヤをはめ変えたイメージです、カラーもありますがなんかしゅっとした感じでいいかと。
今回タイヤとチューブの交換で片輪200+70=270g軽くなりました、よくホイルの外周部を100g軽量化する走行感が変わると言うので期待大です。

折角なので桜がキレイな所に試走に行ってきました。(笑)
まずゼロ発進が凄く軽く走りはじめます、次に巡行速度が30kが余裕ですね、変更前は25k程でしたので全然違います。
これで軽量ホイルをいれてやれば最高かと、今度お客様がALEXの新製品で1500g代のホイルを入れてくれるので楽しみです。
実際タイヤとチューブを変えただけでこれだけ変わり十分ロードと一緒に走ることもできるのでなんでもできる度が凄いですね、タイヤの交換は慣れれば前後20分あればできますから是非挑戦しましょう、交換の仕方も教えますので。

下のFELT公式サイトにVR40の詳しい紹介がありますので御覧下さい。

VR40

TERN Cluch


TERNのクロスバイク クラッチを展示しております。
こちらの特徴はホリゾンタルフレームでスタイリッシュ、背が低めの方でもホリゾンタルに乗れるようにタイヤを650cと小さめのサイズを採用、+フロントはシングルですっきりしています。
値段は51.000円(税抜き)と手軽に乗り出しやすい価格です、通勤から街乗りにぴったりかと。

2017 LOOK 765完成車

dsc_0471

dsc_0469
LOOKは憧れのメーカーでとても敷居が高いイメージですが昨年765の完成車が現実的な値段で発表され人気で一瞬で完売となりました、今年も継続販売が決まり更に一番手に入りやすい105コンポの完成車のカラーが上の写真のモンドリアンカラーになりいい感じです。

値段は完成車 260.000円(税抜き) フレームキット 210.000円なので完成車が非常にお得になっております、ただ限定生産となっており7/28現在 L:完売、M:完売、S:残りわずか、XS:残りわずか という状況です、次の生産はないそうなのでモンドリアンカラーをこの値段で購入できる最後のチャンスかと、2018では値上げ及びカラー変更があると思われます。

FELT FR5


FELTのカーボンバイク FR5が入荷展示しております。
2017モデルとしてフルモデルチェンジを行い全く新しいフレームを採用、前作との一番大きな違いは垂直方向の柔軟性を大幅に向上させ快適性を向上させています、しかしそこはFELTのロードバイク ヒルクライムからダウンヒルまでバッチリとのことです。
こちらは105コンポ搭載で値段は24.8000円(税抜き)となります。
下のFELT公式サイドにFR5の詳しい紹介がありますので御覧下さい、動画もあります。

FR5



一番の特徴はリヤのブレーキをBB部に移動、このことによりシートステー形状の自由度が上がりリヤの柔軟性が大幅にUP 乗り心地の良さに繋がっています、いつもの場所にブレーキがないのが新鮮でかっこいいですねー。
軽く試走したところリヤのショック吸収性が凄くよくビックリ、少し前のガチガチのカーボンバイクに乗られており体が辛い方には最適かと。



その他特徴としてボリュームたっぷりのBB386を採用、坂が楽しそうです、シートピラーはカーボン、サドルはPrologoといいパーツがついてます。

こちらのバイクは試乗車となりますので是非乗って最新カーボンバイクを味わって下さい、早速近くの山に試走に行く予定です インプレをブログに乗せますのでご覧ください。

› more