焼津のスポーツ自転車店 PEAK (ピーク)

焼津のスポーツ自転車 店舗:藤枝、吉田、島田、榛原、牧之原の方もそんなに遠くないと思いますので(笑)宜しくお願いします。

TEL.054-637-9525

〒425-0041 静岡県 焼津市 石津332

新着情報、他
 新しい展示バイクやイベント等の新着情報です。

新着情報、他

TERN Rivet



TERNのネオクラッシクロード リベットを展示しております。
特徴は見た目そのままのストリート系で細めのクロモリフレームにメッキのフォーク、ハイトの高いブラックホイル等いい感じです。
標準はドロップハンドルですが下の写真の様にストレートハンドルもいいです、フロントはシングルですが2速化もできるように台座もあるのでクラッシクロードに改造も御OK.

値段は69.000円とこの手のバイクとしては格安なのでいろいろなカスタムの素材に最適かと。

TERN Cluch


TERNのクロスバイク クラッチを展示しております。
こちらの特徴はホリゾンタルフレームでスタイリッシュ、背が低めの方でもホリゾンタルに乗れるようにタイヤを650cと小さめのサイズを採用、+フロントはシングルですっきりしています。
値段は51.000円と手軽に乗り出しやすい価格です、通勤から街乗りにぴったりかと。

FELT VR40 カスタム


新しい試乗車のFELT VR40をカスタムしましたので紹介します。
よく効くディスクブレーキと28cの太めのタイヤでどこでも行けるVR40ですがスピードを出すのが少し苦手です、ロードの仲間と一緒にツーリングの時等、快適にスピードが出るように定番の細いタイヤに変えるカスタムをしました。

まずは標準の28cタイヤですがまだ大分クリアランスがあり35c位まではOKとのことです。

でこちらがロード向きの23c細いですねー、本当は25c当たりがバランスが良さそうですが軽量タイヤの手持ちがなかったのでこちらで、自転車にはめてあるのが交換品で左がノーマルの28cです、重量が実測で28cが420g、23cが220gと約200g違うので期待できます。

後 無視できないのがチューブの重量、見た目も大分ちがいますが重量もなかなか、下が約170g、上が約100gと70gの差、チューブでこれは大きい。

前後タイヤをはめ変えたイメージです、カラーもありますがなんかしゅっとした感じでいいかと。
今回タイヤとチューブの交換で片輪200+70=270g軽くなりました、よくホイルの外周部を100g軽量化する走行感が変わると言うので期待大です。

折角なので桜がキレイな所に試走に行ってきました。(笑)
まずゼロ発進が凄く軽く走りはじめます、次に巡行速度が30kが余裕ですね、変更前は25k程でしたので全然違います。
これで軽量ホイルをいれてやれば最高かと、今度お客様がALEXの新製品で1500g代のホイルを入れてくれるので楽しみです。
実際タイヤとチューブを変えただけでこれだけ変わり十分ロードと一緒に走ることもできるのでなんでもできる度が凄いですね、タイヤの交換は慣れれば前後20分あればできますから是非挑戦しましょう、交換の仕方も教えますので。

下のFELT公式サイトにVR40の詳しい紹介がありますので御覧下さい。

VR40

2017 LOOK 765完成車

dsc_0471

dsc_0469
LOOKは憧れのメーカーでとても敷居が高いイメージですが昨年765の完成車が現実的な値段で発表され人気で一瞬で完売となりました、今年も継続販売が決まり更に一番手に入りやすい105コンポの完成車のカラーが上の写真のモンドリアンカラーになりいい感じです。

値段は完成車 260.000円(税抜き) フレームキット 210.000円なので完成車が非常にお得になっております、ただ限定生産となっており7/28現在 L:完売、M:完売、S:残りわずか、XS:残りわずか という状況です、次の生産はないそうなのでモンドリアンカラーをこの値段で購入できる最後のチャンスかと、2018では値上げ及びカラー変更があると思われます。

FELT FR5


FELTのカーボンバイク FR5が入荷展示しております。
2017モデルとしてフルモデルチェンジを行い全く新しいフレームを採用、前作との一番大きな違いは垂直方向の柔軟性を大幅に向上させ快適性を向上させています、しかしそこはFELTのロードバイク ヒルクライムからダウンヒルまでバッチリとのことです。
こちらは105コンポ搭載で値段は24.8000円(税抜き)となります。
下のFELT公式サイドにFR5の詳しい紹介がありますので御覧下さい、動画もあります。

FR5



一番の特徴はリヤのブレーキをBB部に移動、このことによりシートステー形状の自由度が上がりリヤの柔軟性が大幅にUP 乗り心地の良さに繋がっています、いつもの場所にブレーキがないのが新鮮でかっこいいですねー。
軽く試走したところリヤのショック吸収性が凄くよくビックリ、少し前のガチガチのカーボンバイクに乗られており体が辛い方には最適かと。



その他特徴としてボリュームたっぷりのBB386を採用、坂が楽しそうです、シートピラーはカーボン、サドルはPrologoといいパーツがついてます。

こちらのバイクは試乗車となりますので是非乗って最新カーボンバイクを味わって下さい、早速近くの山に試走に行く予定です インプレをブログに乗せますのでご覧ください。

FUJI TRACK ARCV

dsc_0559
2017モデルの展示会でとてもかっこ良かったシングルスピードのTRACK ARCV
素地のアルミフレームとシングルスピードで非常にシンプル、壊れるところがあまりないのでラフに通勤から街乗りにも使えます。
値段は84.000円(税抜)となります、ちょっと残念なのが標準では固定ギアしかありません、慣れないとあぶないのでフリーギアをサービスでつけますので宜しくお願いします。

FELT NEWロードバイク

DSC_0059
FELTから2017MODELとして新設計のアルミフレームモデルを採用したFR30が発売、展示しております。
特徴としては扁平形状のシートステーはシートチューブの外側を通りトップチューブ側を接合しています、これらの新機構によりアルミなのに振動吸収性と全てのパワーを加速に繋げる路面追従性を得てまるでカーボンバイクのようです。
標準タイヤは25cで最大28cまではいるので振動吸収性のアップとあわせロングツーリングからレースまで幅広いライディングに対応します。
コンポはクランクまでほぼ105ただブレーキだけは違いました、重量は8.59kg(540mm)と非常に軽量、値段は178.000円(税抜き)となります。

FUJI ディスク ロード

DSC_0910

DSC_0910


FUJIの砂利道も走れるディスク ロード:TREAD1.3です。
32cの太めのタイヤで乗り心地もよくノーマル状態でオフロードの走行もOK。
コンポはNEWティアグラを採用、リヤ、フロント共に軽い変速がGOOD、アルミフレーム+カーボンフォークで軽量。
太めのタイヤをはいているにも関わらづ重量は10k切りの9.9kと軽量、シクロクロスフレームをベースにしているのでレース機材としての使用も可能。
値段は160.000円(税抜き)です。

FUJI ルーベ 1.5

DSC_0685

DSC_0685


FUJIのアルミ軽量バイク ルーベ1.5が入荷 展示しております。
こちらの特徴はチタン配合の軽量アルミフレーム+フルカーボンFフォークの採用でこのクラスでは最軽量となる8.5kg 軽いですよ、乗り心地もしなやかでまるでカーボンの様とのことです。

他にはNEWティアグラコンポ、クランクが変速がバッチリのpraxis、ワイヤー内臓ですっきりしてます、値段は155.000円(税抜き)となります、105仕様は8.4kgで185.000円(税抜き)です。

BOMA COFY2 オリジナル完成車

DSC_0643

DSC_0643


BOMA COFY2のフレームでオリジナル完成車をつくってみました。
完成車のイメージを見たかったので店にあったパーツで仮組状態です、構成はカンパのレバー+シマノ、ソラ(9s)で、赤いフレームに白いパーツがいいかと、この仕様で210.000円(税抜き)の予定です。
パーツの交換は全部OKですので自分の好きな仕様にできます、見積もりしますのでご相談下さい。

› more