焼津のスポーツ自転車店 PEAK (ピーク)

焼津のスポーツ自転車 店舗:藤枝、吉田、島田、榛原、牧之原の方もそんなに遠くないと思いますので(笑)宜しくお願いします。

TEL.054-637-9525

〒425-0041 静岡県 焼津市 石津332

新着情報、他
 新しい展示バイクやイベント等の新着情報です。

新着情報、他

BASSO サマーセール

GIOSの兄弟メーカーでイタリアンバイクのBASSO、クロモリが得意なメーカーで同クラスのモデルと比べるとしなやかで軽い走りが特徴です、今回メーカーからのサマーセールのお知らせです。

VIPER SORA 値段110.000円(税抜き)REYNOLDSのチューブを採用してのびのある走りをたのしめます、カラーは他にレッドとホワイトがあります。

LESMO 値段85.000円(税抜き)

クロモリフレームで優しい乗り心地と扱いやすいストレートハンドルでストレスのない使用感、自分も以前乗っていましたがクロモリの良さがわかるいいバイクでした、カラーは他にブラックがあります。

*今回メーカーからのサマーセールとなります、値段、サイズ、カラーの在庫を含め店舗でご確認下さい、メーカー在庫終了しだい終了となります、よろしくお願いいたします。

LOOKコーナーつくってみました。

2019の完成車が入ったのでLOOKコーナーをつくってみました。

小さい店なのでなかなか完成車を展示できないですが、今回3台ありますので是非見比べて下さい。

・785HUEZ 105 Sサイズ ホワイト艶有

・785HUEZ 105 Mサイズ ブラックつや消し(モンドリアンカラー)

・765 105MIX  Sサイズ ブラック艶有

・765 フレーム Mサイズ ブラック艶有(モンドリアンカラー)

・近日入荷予定:785HUEZ フレーム Mサイズ ブラック艶有(モンドリアンカラー)

メーカーからの先行情報ですと2020モデルでは、若干のカラー変更、追加のみで2019のラインナップが全て継続されるそうです、2019モデルのメーカー在庫も例年のごとくあまりありませんが、なにげにおいしいところがのこっていますのでご相談下さい。

BOMA Sai 入荷

BOMAのSai (カーボンフレームセット)が入荷、展示しております。

2019での新モデル、今年お客さんに納車した時に試し乗りをじっくりさせてもらいましたが(笑)、軽快に走るのは言うに及ばず、坂の上りがスコーンとペダルが回り最高に気持ちいいバイクでした、山の走行がメインの方にはバッチリかと。

値段はフレームのセットで180.000円(税抜)、930gと軽量でこの走りではお値打ち感があるのでは。

特徴は剛性感がある前3角と太いチェーンステーで加速や登坂性能が高いのにこの極薄のシートステーのおかげで快適性も良いのでロングライドにも使えそうです。

もうひとつの特徴がいわゆるマジョラーカラーとよばれている見る角度を変えると色が変化する美しい塗装です、通常これらの色はオプションで数万円高くなるのがつねですがなんとこちらは通常カラーがマジョラーで単色がオプションとなります、この色は写真ではわからないので是非実車を見て下さい。

 

 

LOOK 2019モデル

LOOK 765 105MIX MIXとうたっていますがクランク以外は全て105なのでノーマルで乗ってもらって全然OKですね、乗り心地が良く伸びがあり気持ちよく走れるバイクです、値段は290.000円(税抜き)となります。

カーボンの柄が透けて見える艶ありの塗装でとても綺麗です、今年のモデルからほとんど艶ありの塗装になりましたがいいですねー。

RW ソノマアドベンチャー

2019モデルから大幅にグレードアップしたソノマアドベンチャーの紹介を。

35cとちょっと太目のタイヤとディスクブレーキを採用したクロモリのロードバイクです、特徴としてはなんといってもコスパが良く、8速 ロード用シマノ製クランクを採用で値段 89.800円(税抜き)とバッチリです、ペダル、スタンド、ベルも標準装備なのですぐに走り始めることがでます。

そしてボトルゲージを付けるダボがいたるところにあるのと、フロント、リヤ共にキャリヤ用のダボもついているので荷物を沢山つんだツーリング仕様に簡単にできます。

車重はさすがにそこそこありますが、乗った感じは軽く走り近場のサイクリングからツーリングにもピッタリかと、太目のタイヤでちょっとしたダートもいけるのでGWはこのバイクで旅にでましょう。

LOOK 2019モデル入荷

LOOK 765アルテグラMIXの完成車が入荷しました、本当は来年の2月の予定でしたが珍しく早い入荷となりました。

今年のLOOKのメインカラーのホワイトのつや有りでとても綺麗です、トップチューブ上面にもグラフィック等なにもなくシンプルイズベストという感じかと。

新105 油圧ディスク装着、試乗車

ディスクロードの試乗車の入れ替えを行い、待望の105油圧ディスクのFELT VR30が入荷しました。

28cと太めのタイヤでダートを含めどこでもいけるいいバイクです、前車のGTと比べるとどちらかというとロードよりで軽い走行感かと、値段は新105の油圧ディスク装備で198.000円(税抜き)とこのクラスではコスパいいです。

待望というかやっとでた感がありいろいろ弄れるのがうれしい今日この頃です、握りが軽いのと少しの力で協力なブレーキが効くのでダウンヒルが楽しそう、この操作感は乗って見ないとわからないので是非体感して下さい。

こちらのVRはグラベル系ですが同時にロードにも105油圧仕様が設定され、これからはディスクが注目されそうです。

 

LOOK 2019モデル発表

LOOKの2019モデルが発表されました、人気の785HUEZにディスク仕様が追加とかカラーリングがガラッと変わったりいい感じになりました、閲覧用のカタログありますのでご覧下さい。

昨年は瞬殺でなくなってしまったHUEZ系なので今年は早めに予約を開始となります、10月中に予約していただければ早期予約特典をご用意しておりますので是非。

こちらは先日の展示会のブログですご覧下さい。http://peak.asablo.jp/blog/

パナソニック セミオーダー クロモリバイク:FRCC41

今年の春から復刻版として登場したこのFRCC41ですが最近問い合わせが多いので紹介させていただきます。

写真は完成車ですが本モデルはフレームセットのみの展開 となります、やはり一番の特徴は国産ハンドメイドフレームとは思えない75.000円(税抜き)という価格で上質なクロモリの乗り心地と流石のフレーム精度を楽しめるところかと、ツーリングやロングライドに加えスレッドのステムで見る楽しみもあります。

パナソニックのオーダーのいい所は色やデザインを自分で決められるので世界で1台だけの自分のバイクを作れます、もちろんこのfrcc41も上級グレード同様可能です。

昔みたことがあるこんな色ですがいいですねー。

デザインを変えてこんなパターンも、色の組み合わせは自由です。

で一番人気は往年のパナソニックレーシングカラー。

さすがにこの値段ですと重量、使用パイプ等々と細かいところはいろいろありますがクラッシクなクロモリに乗ってみたい方にとってはいい選択かと、カラーのシュミレーションや見積もりはすぐにできますのでご相談下さい。

ARGON18 取り扱い始めました

ちょうど今ツールドフランスにでているARGON18の取り扱いを始めました、そして2019モデルの情報がでましたので紹介します、基本フレームでの販売となります。

レース、ヒルクライムに最適なガリウム。

ARGON18の特徴は3Dヘッドとよばれるヘッド部の構造で通常スペーサーを用いステムの高さを変えますが、3D形状の意匠部品で高さを変えるので剛性確保と見栄えの向上が可能となります。

値段は280.000円(税抜き)となります。

こちらはKRYPTON CS エンデュランス系のディスクロードです。

タイヤが32cまでokなのでグラベルでもいいかと、3Dヘッドの形状もいいですねーハンドルが低く見えます、あとダウンチューブの変速ワイヤーの取り入れ口がdi2に対応しており、どうもここにジャンクションA(EW-RS910)を付けることができそう、これができればさっぱりして充電もしやすいしいいですねー。

値段は220.000円(税抜き)となります。

 

グラベルバイクのDARK MATTER 上のバイクのコンセプトを引き継ぎグラベル専用バイクにした感じかと、個人的にはこちらが好みです詳細が不明なので今度メーカーさんに聞いています。

値段は250.000円(税抜き)となります。

 

以上オススメのバイクを紹介しました、まだ他にもありますので下のメーカーHPをご覧ください。

http://argon18.jpn.org/

 

 

 

› more