焼津のスポーツ自転車店 PEAK (ピーク)

焼津のスポーツ自転車 店舗:藤枝、吉田、島田、榛原、牧之原の方もそんなに遠くないと思いますので(笑)宜しくお願いします。

TEL.054-637-9525

〒425-0041 静岡県 焼津市 石津332

商品

LOOKコーナーつくってみました。

2019の完成車が入ったのでLOOKコーナーをつくってみました。

小さい店なのでなかなか完成車を展示できないですが、今回3台ありますので是非見比べて下さい。

・785HUEZ 105 Sサイズ ホワイト艶有

・785HUEZ 105 Mサイズ ブラックつや消し(モンドリアンカラー)

・765 105MIX  Sサイズ ブラック艶有

・765 フレーム Mサイズ ブラック艶有(モンドリアンカラー)

・近日入荷予定:785HUEZ フレーム Mサイズ ブラック艶有(モンドリアンカラー)

メーカーからの先行情報ですと2020モデルでは、若干のカラー変更、追加のみで2019のラインナップが全て継続されるそうです、2019モデルのメーカー在庫も例年のごとくあまりありませんが、なにげにおいしいところがのこっていますのでご相談下さい。

RW ソノマアドベンチャー

2019モデルから大幅にグレードアップしたソノマアドベンチャーの紹介を。

35cとちょっと太目のタイヤとディスクブレーキを採用したクロモリのロードバイクです、特徴としてはなんといってもコスパが良く、8速 ロード用シマノ製クランクを採用で値段 89.800円(税抜き)とバッチリです、ペダル、スタンド、ベルも標準装備なのですぐに走り始めることがでます。

そしてボトルゲージを付けるダボがいたるところにあるのと、フロント、リヤ共にキャリヤ用のダボもついているので荷物を沢山つんだツーリング仕様に簡単にできます。

車重はさすがにそこそこありますが、乗った感じは軽く走り近場のサイクリングからツーリングにもピッタリかと、太目のタイヤでちょっとしたダートもいけるのでGWはこのバイクで旅にでましょう。

TERN Rivet



TERNのネオクラッシクロード リベットを展示しております。
特徴は見た目そのままのストリート系で細めのクロモリフレームにメッキのフォーク、ハイトの高いブラックホイル等いい感じです。
標準はドロップハンドルですが下の写真の様にストレートハンドルもいいです、フロントはシングルですが2速化もできるように台座もあるのでクラッシクロードに改造も御OK.

値段は69.000円(税抜き)とこの手のバイクとしては格安なのでいろいろなカスタムの素材に最適かと。

ジャイアントキラー FR60 入荷


コスパ最高でジャイアントキラーの FELT FR60が入荷展示しております。
なにはともあれ89.800円(税抜き)でこのクラスの中では抜群の性能を備えています、FRシリーズの進化したレーシング性能を体感できるエントリーフレーム、新形状のフレームとカーボンフォークでバッチリです。


初めてロードバイクに乗る方にも乗りやすい様にハンドルのフラット部に補助ブレーキレバーがあります、クロスバイクかロードか悩んでいる方もちょっと頑張ればOKかと、写真ではわかりずらいですが綺麗いな色です、是非ご覧下さい。

パナソニック セミオーダー クロモリバイク:FRCC41

今年の春から復刻版として登場したこのFRCC41ですが最近問い合わせが多いので紹介させていただきます。

写真は完成車ですが本モデルはフレームセットのみの展開 となります、やはり一番の特徴は国産ハンドメイドフレームとは思えない75.000円(税抜き)という価格で上質なクロモリの乗り心地と流石のフレーム精度を楽しめるところかと、ツーリングやロングライドに加えスレッドのステムで見る楽しみもあります。

パナソニックのオーダーのいい所は色やデザインを自分で決められるので世界で1台だけの自分のバイクを作れます、もちろんこのfrcc41も上級グレード同様可能です。

昔みたことがあるこんな色ですがいいですねー。

デザインを変えてこんなパターンも、色の組み合わせは自由です。

で一番人気は往年のパナソニックレーシングカラー。

さすがにこの値段ですと重量、使用パイプ等々と細かいところはいろいろありますがクラッシクなクロモリに乗ってみたい方にとってはいい選択かと、カラーのシュミレーションや見積もりはすぐにできますのでご相談下さい。

ライトウエイ NEW クロスバイク入荷


ライトウエイのNEWクロスバイク:SHEPHERDが入荷、展示しております。
特徴としては新しいフレームで背が低めの方でもホリゾンタルフレームに乗れるようにタイヤのサイズを小さくする等の工夫をしており、スタイリッシュな形状となっております。
値段はスタンドと携帯ホルダーが標準で付き55.800円(税抜き)とコスパがいい設定かと。

フロントギヤは1枚でアルミのチェーンガードが付き、フレーム形状と合わせクラッシックぽくていいですねー。


ヘッド回りもクロスバイクでは珍しくインテグラルタイプでスッキリしています、ブレーキレバーと変速機も1ランク高いグレードをつかっておりハンドル回りのカスタムをするのに最適かと、ブルホンバーに変えればバッチリですね。

新105 油圧ディスク装着、試乗車

ディスクロードの試乗車の入れ替えを行い、待望の105油圧ディスクのFELT VR30が入荷しました。

28cと太めのタイヤでダートを含めどこでもいけるいいバイクです、前車のGTと比べるとどちらかというとロードよりで軽い走行感かと、値段は新105の油圧ディスク装備で198.000円(税抜き)とこのクラスではコスパいいです。

待望というかやっとでた感がありいろいろ弄れるのがうれしい今日この頃です、握りが軽いのと少しの力で協力なブレーキが効くのでダウンヒルが楽しそう、この操作感は乗って見ないとわからないので是非体感して下さい。

こちらのVRはグラベル系ですが同時にロードにも105油圧仕様が設定され、これからはディスクが注目されそうです。

 

新105油圧STI 7020

先日のFELTの試乗会で新105油圧STIが搭載されたモデルを試乗しました。

まだあまりメディアにでておらず詳細が不明でしたがいいですねー。

新105の油圧STIが搭載されたモデル 3種類が9月初から発売開始の予定、先行予約キャンペーンがありますのでご相談下さい。

詳細を下記のブログに上げておりますので参照下さい。

http://peak.asablo.jp/blog/2018/07/06/8910593

 

2018 FELT verza speed 50


FELTの新しいクロスバイク verza 50が入荷、展示しております。
最近はどのメーカーもクロスバイクの種類が減り特に走る系のモデルが少ないのが現状です、そんな中FELTがロードバイクの様に良く走るクロスバイクを出しました、通勤や街乗りだけでなく健康やダイエット等スポーツとして早く走れる自転車が欲しい人に最適です。
前作からフレームは新作、ホイルもカセットフリーになってグレードアップがしやすくなりました。

ワイヤーは高級車のようにブレーキも変速も内臓でスッキリ。

グリップは長時間でも疲れにくいエルゴノミックグリップ、ソフトなサドルと合わせて体に優しい仕様です。

こんなにレベルがあがって価格は55.800円(税抜き)とコスパが高く、まさにGIANTのRXキラーという感じかと。
慣れてきたらタイヤを少し細くしたり、ハンドルをブルホンバーに変えれば80kmオーバーのツーリングも楽々ですね。